塾講師と家庭教師の比較

塾講師と家庭教師の比較

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

授業のしかた

まずは塾講師の場合ですが、集団指導塾なのか個別指導塾なのかによって、指導のしかたに違いがあります。集団指導塾と個別指導塾では、個別指導塾のほうが授業に双方向性があります。講師1人に対して1~2人程度で学習を進めていく形になるため、大勢が一緒に授業を受ける集団指導塾に比べて生徒側にすると質問しやすい雰囲気があります。また、講師の側にとっても、指導する人数が少ない分、一人ひとりに注ぐ熱量を多くしやすいです。集団指導塾は個別指導塾とは逆の特徴があります。なお、集団指導塾も個別指導塾も、指導自体は学習塾の方針にしたがう形になるため、自分の指導方針と学習塾の指導方針がマッチしないことがあります。

次に家庭教師ですが、指導方針は保護者と相談するか家庭教師自身が自分で決定し、どのテキストを使用するのかも自分で決めなければいけません。ただ、テキストに関しては生徒がすでに使っているもので学習したり、派遣会社で用意しているものを使ったりすることはあります。指導方針もサポートが厚い派遣会社の場合は相談に乗ってくれることがあります。また、家庭教師の場合、マンツーマンでの指導になるため、質問しやすい雰囲気があるというのは個別指導塾と共通しており、1コマの時間は決まっていますが、集団指導塾のように理解できない生徒が置いていかれるということなく、生徒がわかるまで教えることが可能です。