塾講師と家庭教師の比較

塾講師と家庭教師の比較

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

服装のルール

学習塾の場合は、家庭教師と比較して服装のルールは厳しいです。スーツを着て出勤しなければいけないこともありますし、ヘアスタイルや髪の色、ひげ、ネイルなど細かいところまであれは駄目、これは駄目と決まっているところもあります。ただ、すべての学習塾がこのような厳しい服装のルールを設けているわけではありません。ジーンズやラフな格好は認められないものの、あとは基本的に自由としているようなところもあります。

これに対して家庭教師の場合ですが、基本的に服装に関して制限されるようなことはありません。派遣会社に登録している場合もそうですし、個人で家庭と契約を交わす場合は当然、誰からも服装に関して縛られるようなことはないです。ただし、生徒の家にあがって指導を行なうことになるため、清潔感のある服装・身だしなみであるに越したことはないでしょう。

人を見た目で判断してはいけないといいますが、第一印象は大事です。服装が自由な学習塾でアルバイトをするような場合も、あまりに常識ハズレな服装をしていると面接で落とされてしまう可能性もあります。家庭教師の場合も、非常識な服装では、本当にこの人にウチの子を任せていいのかと不安に思われてしまい、契約を逃してしまうことにもなりかねません。